ABOUT

           

KIC|北九州イノベーションセンターとは

北九州イノベーションセンター計画は、民間事業者ならではの「イノベーションハブ」として、誰しもがビジネスに挑戦できる社会スキームの構築を目指すGZキャピタル株式会社(本社:福岡県北九州市、代表取締役:日淺 二郎)が取り組む、施設開発プロジェクトです。敷地面積:約69,600㎡、延床面積:約52,300㎡の広さを誇る「グランモール」を舞台に、2025年度までの開発計画を実施します。

北九州イノベーションセンターは、”KITAKYUSHU=INNOVATION”をコンセプトに掲げる産学官連携施設です。内閣総理大臣から国家戦略特区の認定を受けた施設として、老若男女問わず全世代の新たな挑戦を支援します。そこで生まれる革新的な発想や技術を通じて、社会に大きな変化をもたらすイノベーションハブを目指します。また、「日本一起業家に優しいまち」を目指す北九州市の新たなランドマークとして、誰しもがビジネスに挑戦できる社会スキームを構築します。

施設情報はこちら

第一期計画について
開業予定日:2023年11月11日

第一期計画では、「新たな時代のイノベーションセンター」をキャッチフレーズに、ビジネスユーザー向け施設からの脱却を図り、多くの一般ユーザーが訪れる複合施設を目指します。日本最大級のデジタル複合施設「REDEE北九州イノベーションセンター店」や、九州初上陸のスポーツ系エンタメ施設「JOYPOLIS SPORTS北九州イノベーションセンター店」を開業することで、老若男女問わず、全世代の方々に愛される複合施設を目指します。また、内閣総理大臣から国家戦略特区の認定を受けた産学官連携施設として、老若男女問わず全世代の新たな挑戦を支援します。

第二期計画について
開業予定日:2024年度予定

第二期計画では、商業エリア跡地を大規模R&Dセンターにリニューアル予定です。不動産の属性を有効活用することで、日本最大の商業用R&Dセンターの開発を目指します。ロボット未導入分野におけるロボット導入促進に向けては、「ロボットフレンドリー」な環境の実現が不可欠であり、またその実現のためには、ロボットユーザー企業とロボットSIer企業等による連携が重要です。第二期計画では、これらの具体的な連携や取組を促進するプラットフォーマーとしての役割を担うことで、ロボット導入による現場の生産性向上や人手不足解消等の実現を目指します。
(引用元)経産省:https://www.meti.go.jp/press/2022/10/20221005001/20221005001.html

第三期計画について
開業予定日:2025年度予定

Coming Soon...(2Fフロア含む)